新潟・越後の言葉で語る昔ばなし

昔話を読んだ後、頭に浮かんだストーリーを、故郷の言葉で語ってみたこて。

『おむすびころりん』

幼児向けの短編。握ったご飯、「おむすび」っていう?「おにぎり」っていう?  地方によって呼び方が違う。私は三角おにぎり派らけど、おばあさんが握って持たせてくれたのは、丸いおむすびかな? 俵形かな?

 

おむすびころりん (はじめてのめいさくえほん)

おむすびころりん (はじめてのめいさくえほん)

 

 

おむすびころりん

むかーし昔。あるところに

おじいさんとおばあさんが住んでいたこて。

 

家の裏にちいせ田んぼや畑もあるろも、

おじいさんは山が一番の仕事場ら。

春はタケノコ、山菜採り。夏から秋は木いちご、あけび、山ぶどう。栗をひろって、キノコを探して、山をひとめぐり。

 

なんにもなっていねくても、

草取りしたり、落ち葉や石をひろて、山道をえーび良う(=歩きやすく)したり、

薪(たきぎ)をひろて、帰ってくる。

 

一仕事終えて、

「さぁて、昼飯にすっかぁ。」

おじいさんが、おむすびを食べようと包みを開けっと、

おむすびが、ころころ、転がって。

 

ころころ、ころころ、転がって。

 

穴の中に落ちてしもた。

 

 

 「おやおや。

こんがのとこに、ふっけぇ(=深い)穴が。」

 

おじいさんが、穴をのぞくと、

 ♪おむすびころりん    すっとんとん♪

 

かーわいげな歌声が聞こえてきたろ。

 

「ほっほっほーぉぉ。」

おじいさんは、楽ーしなって。

穴にもうひとつ、おむすびを転がしたこて。

 

すっと、また、聞こえてきたろ。

 ♪おむすびころりん  すっとんとん♪

 

「こりゃー、愉快らねっか。」

おじいさんは、またひとつ、おむすびを転がした。

 

♪おむすびころりん  すっとんとん

♪おじいさん  ころりん   すっとんとん

 

そう聞こえたかと思うと、

「あ?  あぁーーーっ!」

 

おじいさんは、穴の中に吸い込まれてしもたこて!

 

 

「あぃたたーぁぁ。」

尻もちついたおじいさんが、たんまげて、辺りを見まわすと、

ぞろぞろ、いっぺことのねずみがいてぇ。

 

「おじいさん、うんめぇおむすびをありがとごぜぇます。」

「お礼にごちそうしますぃね。」

 そうゆうて、

ねずみたちは嬉しそうに餅をついたこて。

 

♪にゃんこの声は聞きたくなーい

 ヨーイヨイ ♪       ホイッ、

♪カラスの声も聞きたくなーい

ヨーイヨイ♪            ア、ソーレ、

♪へんび(=蛇)の声も聞きたくなーい

ヨーイヨイ♪

 

トンタ、トンタ、トンタタッタ、

トンタ、トンタ、トンタタッタ!

 

歌いながら踊るねずみ、

音を鳴らして、調子をとるねずみ。

んーな、かーわいげに歌うてやのう。

 

ねずみたちのこしょたごちそうを食て、酒飲んで。

「ばーか、たのーしかったこてぇ。

ばさが心配するっけ、へえ、帰らんとら。」

おじいさんがそう言うと、

ねずみたちは、よいしょ、よいしょ、て

でっこいつづらと、ちいーせつづらを運んできた。

「おじいさん。

お土産にどちらかひとつ、差し上げるれね。」

「およこ、およこ。土産までくれるてか。

おや、ちと、重てえねぇ。わしは年寄りらすけに、ちいせ方をもろうていくこて。」

 

外はまら、明るかったれも、

夜の山道はおっかねすけ、暮れる前に帰らんばら。

おじいさんは、つづらをしょうて(=背負って)、家への道を急いだこて。

 

 おもしぇこともあるもんら。

 猫がおっかのて、あんがの山ん中に住んでいるのらか。

ばか楽ーしげに暮らしたもんられのう。

 

「ばさ、ばさや。

今日は山で、おもしぇことがあったいや。」

家に着いて、おじいさんが

おばあさんと一緒につづらをあけっと。

 

「おやーあぁ!」

おばあさんもたんまげた。

つづらの中から、大判、小判がざっくざく。

こんがのお宝、見たことねーぉ。

 

おばあさんの声を聞いて、

なにしたのらかと、隣の家に住んでるじいさまが様子を見に来たろ。

 

 「どうした、どうした!

おおーっ!

なにしたてば!

小判がこんがにいっぺことぉ。」

 

隣のじいさまに聞かれて、

おじいさんは、つい、ねずみの穴のことをゆうてしもた。

 

隣のじいさまは、ちと、欲張りらすけのう。

「じゃあ、でっこい方のつづらを、俺がもろてきてやるこて。」

て、さっそく次の日、おむすびを持って山に行った。

 

「おお、ここら、ここらな。」

隣のじいさまは、聞いた通りの場所に穴を見つけると、

おむすびを、ぽいぽいって、投げ込んで。

 

急いで、自分も穴に飛び込んだいや。

 

おーや、おや。

中は、ばーか広いぁんだねえ。

 

隣のじいさまがきょろきょろしてっと、

ぞろぞろ、ねずみが出てきたろ。

 

「おじいさん、うんめぇおむすびをありがとう。」 

 

♪にゃんこの声は聞きたくなーい

ヨーイヨイ♪

 

トンタ、トンタ、トンタタッタ、

トンタ、トンタ、トンタタッタ!

 

ねずみたちは餅をついてごちそうしたこて。

 

じいさまは、がぷがぷ酒を飲むと、すぐに、

「ごっつぉはもういいすけ、土産を見せてくれや。」

て、ゆうたいや。

 

♪にゃんこの声は聞きたくなーい

 ヨーイ  ヨイ、

ア、ヨイショー!   ハ、コラショー!

ア、ヨイヨイヨイヨイー!

 

 ねずみたちは楽ーしそにつづらを運んできた。

 

おやぁ?でっこいつづらだけじゃねえ、

ちーせつづらもあるねっか。

こいつら、どれだけつづらを持ってやがる。

 

よーし。

 

「にゃ~ん。

 にゃ~~ん。

 おらおら、俺はな、おめらを食う猫らろう!

全部 つづらをよこさねと、おめたち、ばくばく、食っちもろう~!

にゃ~ん。

にゃ~~ん。」

 

「ね、猫ら!」

「猫らぞ!」

 ねずみたちは大慌て。

んーな、走って逃げだした。 

 

「うはっはっはぁ、バカなねずみらなあ。」

 

そのとたんに辺りは真っ暗れなって。

 

「や、小判はどこら?  つづらはどこら?」

じいさまが探すけど、見つからね。

 

「どこら?  どこらんや?」

 

「おい、おい、出口はどこら?  出らんねねっか!」

 

「出せー、出せてばー、このねずみども!」

 

 

 

 

 

 

欲張りな隣のじいさんは、帰って来ねかった。

 

次の日、

 おじいさんが山に行ってみたけど、

あの場所にも、どこにも、穴が見つからねかった。

 

 

次の日も、次の日も、帰って来ねかった。

 

ねずみの穴にもぐる、ゆうて、

山に行ったっきり。

 

芋掘っても、まだあるんじゃねーか、あるんじゃねーか、て、いつまでも掘ってるじいさまら。

穴ん中が好きで、もぐらになってしもたんじゃねーか?   て、んーなが言うたこて。

 

 

 

おしまい。

 

 

 

 

 

マカダミアナッツおかき 中箱(42枚入り)

マカダミアナッツおかき 中箱(42枚入り)