新潟・越後の言葉で語る昔ばなし

昔話を読んだ後、頭に浮かんだストーリーを、故郷の言葉で語ってみたこて。

「桃太郎といわれた男」① 誕生

故郷の訛なつかし。
子供の本を、昭和生まれの自分の記憶をもとに、新潟言葉で読んでみれば、ご覧の通り。
「桃太郎」は、確か岡山県の話では?
越後の国に、桃太郎と呼ばれる男(の子)がいたとしたら……。
時々、そんがのことを考える私です。

f:id:wwmaricat:20181008022502j:plain

「桃太郎といわれた男」① 誕生


昔むかーしあったこて。
爺さと婆さがいたこてや。
毎日毎日、仏様に、
子を授けてくれと拝んだれも、
とうとう授からんで、
あっちぇ夏も、さあめ冬も、
さびしく暮らしていたこてや。

ある日、爺さは山へ柴刈りに。
婆さは川へ洗濯に行ったこて。
野良仕事で汚った着物を、じゃーぶじゃぶ、ごーしごしあろてたら、

どんぶらこー、どんぶらこ。
信濃川に注いでる、
もみじ山の谷からの流れに乗って、
ひとーつ、またひとつ。
次々、桃が流れて来たこてや。

木から落ちた桃らろか?
誰かが落とした桃らろか?
わからねろも、
婆さは、一番でっこい桃をなんとかつかまえて、抱えて家にけえったこて。

「なに? ばかでっけぇ! これが桃らてか!

爺さもたんまげたこて。

どうしたもんらか、かんげぇーたけど、やっぱ、食てみることにした。

まな板の上、のして。そろーっと包丁で切ろうとすっと。
桃は、ぱかっと、ふたっつに割れて、
ほぎゃーほぎゃーと元気な坊やが出てきたいや。

桃から生まれたすけに、桃太郎となめぇをつけて。
爺さと婆さは、坊やを大事にでえーじに育てたこてや。



つづく。



岩の原葡萄園 ももワイン 2018 750ml

岩の原葡萄園 ももワイン 2018 750ml