新潟・越後の言葉で語る昔ばなし

昔話を読んだ後、頭に浮かんだストーリーを、故郷の言葉で語ってみたこて。

『こぶとり じいさん』

おじいさんのほっぺたのこぶは、なんと、夏みかんサイズ。それは重すぎ!大っきすぎるワ!

 

こぶとりじいさん (みんなでよもう!日本の昔話)

こぶとりじいさん (みんなでよもう!日本の昔話)

 

 こぶとり 爺さん

むかーし昔。あるところに、木こりのじいさまが、ばあさまと一緒に住んでいたこて。

 

ちーんけ(=小さい)ばあさまは、鼻のわきに小豆みとなイボがあって。しょーしことがあっと(=恥ずかしいことがあると)、いっつもイボぉいじってんのらけど、ニコニコした、いーいばあさまら。

 

背っ高なじいさまも、いっつもニカニカして 。子供かもたり、猫じょしたりして(=子供をかまったり、猫にイタズラしたりして)、

あはは、あはは、毎日笑て陽気に暮らしていたこて。

 

じいさまの左のほっぺたには、夏みかんほどもでっこいこぶがあって。

その重みで、じいさまの首はいっつも左のほに傾いて、ほして(=そして)、笑うたんび、ぶらーん、ぶらん、と揺れたのら。

 

ある日のことらんや。

いっつものように、じいさまは山へ木を切りに行ったこて。

ああ、なんぎ(=ああ、疲れた)、ゆうて、じいさま仲間は昼めぇに帰えってしもた。

わーけ(=若い)木こりは、他にも仕事があるゆうて、にぎり飯食うと、山を下りていったこて。

ひとりんなったれも、なに、じいさまはこれからが楽しみら。

木の枝落とすに、節つけてナタを振ってみたり、鼻歌うとぃながら、ノコギリひーてみたり、たまにでっけ声だして、こだまが山に響くのもまた、楽しぁんだてばー。

 

「さ、もぉ、しめぇにすっか(=さあ、もう、終わりにしようか)。」

ぱっぱっとクズ払ろて、道具片付けてっと、灰色の雲がもくもくしてきて、ピカッと光っとぉ。

雷さまがゴロゴロ鳴って、大粒の雨が落ちてきたいや。

「おうっ、こーりゃ、てーへんらねっか。」

 ざぁざぁ、降りだした雨ん中、

じいさまは、あわてて、近くのほら穴に逃げ込んだこて。

 

雷さまはヒカヒカ光ってなかなか止まね。

じいさまは穴ん中で縮こまっていたれも、雨が止むのぉ待ってるうちに、ねむーっとなってしもて。

こっくり、こっくり、寝てしもとぉ。

 

どんがぐれー経ったのぁろか?(=どのくらい経ったのだろうか?)

ふと、じいさまが目を覚ますと、雨は止んで、辺りはまっくれなっていたこて。

「や、寝てしもた。夜んなっとぉ。」

あわてて、じいさまが腰を上げようとしたときら。

ほら穴ん外で話し声がしたかと思と、ぼうっと辺りが明るくなったいや。

だが(=誰が)来たのら?と外をのぞいたじいさまは、たんまげたこて。

 

広場んなってるとこに、赤々と火ぃ燃やして、

でっけぇ鼻、あーけぇ顔した(=大きな鼻に赤い顔をした)天狗たちが、輪になって宴会をするとこらったてば。

 

じいさまはおっかのなって(=怖くなって)。

膝ががくがく、肩もぶるぶる震えたこてや。

 

わやわや騒ぎながら、天狗たちの酒盛りが始まったろ。

あはは、あはは、と、今日あった、おもしろ自慢をしていたろ。

やがて酒がまわって楽しなった天狗たちは、

太鼓たてぇたり、笛吹いたりしながら、輪になって踊り始めたいや。

 

♪とんとん    とととん

ぴーひゃら  ひゃー

あーびらうんかの   あっぱっぱー♪

 

♪とんとん   とととと

ぴーひょろ  ひょー

どーびかずべたの  すっとっとー♪

 

およこー。ばーか楽しぃねっか!

隠れて見て聴いているうちに、じいさまの身体がむずむずしてきたろ。

 

♪とんとん  とととん

ぴーひゃら  ひゃー♪

 

踊りとて、踊りとてー。

我慢できのなったろー!

 

怖さを忘って、穴から飛び出すと。

 

♪あ、てんぐ踊りは  よいこらせーぇ

ん、なげえ鼻ぁー振り立ててー

あっちゃー行ってぇ   ぶーらぶら   ァソレッ

こっちゃー行ってぇ   ぶーらぶら♪

 

両方の手の平を空に向け

腰をふりふり踊ったこてえ。

 

天狗たちは、飛び出してきたじいさまに、目ぇ真ん丸くして驚いたらろも、

あんまし(=あんまり) じいさまがいい声でうとうて、上手に踊るすけえ、

 

あーっはっはっは!

ひゃーっはっはっは!

 

鼻がぶらぶらと歌われても、大喜びら。

 

おうおう、じいさま、ばかいーねっか!

じょーずらろう!

 

♪ぶーらぶら   ァソレ、ぶーらぶらー♪

 

あーっはっはっは!

うひゃっはっはっは!

 

 こうして、じいさまは、ほっぺたのこぶ、ぶらぶらさしながら、天狗たちと一緒に夜が明けるまで踊ったこてや。

 

空が白み、鳥の声が聞こえ始めると、じいさまを囲んで天狗たちはゆうた。

「こんがのおもしぇ酒盛りは初めてらったぉ。」

「じいさま、今夜も来いよ。」

「来ねば、八つ裂きらぞ。」

すると、

「待て、待て。」

 ひとりの天狗が、いきなりじいさまのこぶをぎゅっとつかんで。

「こうせば、じいさまは必ず来るろう。

……えいや!

 

 と、ひっぱったら、

 

すっぽーん!

 ……こぶがとれたてや。

 

 

「いいか、じいさま。

このこぶは今夜まで預かっておくろ。

今夜、ここへ来たら返してやるすけに、必ず来んのらろ。」

 

そうゆうと、天狗たちは、鳥のように。

ばさばさばさっと飛び立って、森の奥に姿を消してしもた。

 

デデッポー、デデッポー。

 

 キジバトの声が響く山ん中で、じいさまはひとり、ぽつーんと立っていたこて。

 

 

こんがのことがあるのらなあ。

もくもくとえんで、家にけぇっと。

心配してたばあさまは、じいさまを見て、たんまげたいや。

「どこ行ってたてや。なかなかけーらんで。

おやぁ?  ほっぺたすべすべんなって。どうしたのら!」

 

そこで、じいさま夕べの出来事を話して聞かせたこて。

 

おもしぇ宴会らったてば。

んーなして踊って、

 あはは、あははと笑たこてや。

 

なに、何?

背っ高じいさまの声がでっこいすけに、隣の家のじいさまにも、話がよう聞こえたいや。

隣のじいさまもまた、右のほっぺたにみかんみとなこぶ、ぶら下げていたのらいや。

 

「いいこと、聞いとぉ。

俺も天狗にこぶ取ってもろお。」

隣のじいさまは、さっそく山に行って、ほら穴に隠れていたこて。

 

夜んなって 。

天狗たちがわさわさ集まってきて、酒盛りが始まっとぉ。

 

♪とんとん  とととん

ぴーひゃら  ひゃー♪

 

   

よし、今られよ!

じいさまは、おっかなびっくり、穴から出ていったこて。

 

「来たなー、じいさま。待ってたろう!」

「おやぁ?  おめ、縮んだけぇ?」

「腹も出て。これから酒盛りらてがんね、何そんがに腹ごしらえしてきたてば。」

「さあさあ、うとえ、踊ってくれ。」

天狗たちは大喜びら。

 

♪て、て、……

 

隣のじいさまは、真っ赤ん顔した大男の天狗どもに囲まって見おろさったら、急におっかのなってしもて。

 

 胸が、どきん、どきん。

声もかすれて

 

♪て、天狗踊りは と、とほほほほ…… 

な、なーがい鼻が   じゃ、じゃまんなる……

 

歌の文句もまちごてしもたこて。

 

「なんら!今日のじさはおもしょねぇのう!」

「なに、まごまごしてんのら!」

「歌えんや!  ほれ、踊れんや!」

 

はーぁ、足ががくがくして、動かんね。

 

「へったくそがぁ!」

 

天狗たちはかんかんに怒ってしもて。

 

 「腰ぬけ!」

「とっとと家けえれ!」

 

そうして、きんのの(=昨日の)こぶを 、

じいさまめがけて、

ぶんっ   

と、投げつけたこて!

 

ぺったーん!

 

こぶは、じいさまの左のほっぺたに

貼り付いたいや!

 

ああ、おっかね、おっかねことぉ。

隣のじいさまは、おーいおい、おーいおいとよろけて泣きながら、やっとのことで山を下りていったこて。

 

 

 

こうして、

隣の小太りじいさんのほっぺたには、こぶが、ふたーっつんなってしもたんらてさー。

 

真似したところで、うまくいかねもんだこてなあ。

 

 おーしまい!

 

 

原作:みんなでよもう! 日本の昔話ー9

『こぶとり じいさん』

文:三田村信行     絵:福田庄助

発行所:株式会社チャイルド本社