新潟・越後の言葉で語る昔ばなし

子供に昔話を読んだ後、少々のアレンジを加えて、故郷の言葉で語ってみたこて。

『わかがえりの水』

 甲斐の国=山はあるけど山梨県、のお話ら。みんな飲みたいよね~、このお水。私もらて。

 

わかがえりのみず (みんなでよもう!日本の昔話)

わかがえりのみず (みんなでよもう!日本の昔話)

 

 

むかーし昔。山また山が連なる向こうの村に、ばか仲のいい、おじいさんとおばあさんが暮らしていたこて。

あん日のこと。おじいさんは炭を焼きに山奥のさぎょばに(作業場に)行ったこて。

「あっちぇ、あっちぇ(暑い、暑い)。今日はばか喉が渇くねえ。」

仕事を終えたおじいさんが山道を下ってくっと、

  こぽ   こぽ ……   こぽ  こぽ……

涼しげな音がするねっか。

どれどれ、と、岩の陰を見てみっと、ちいせ泉が湧いていたこて。

「やれやれ、ありがてことら。」

さっそく掌にすくって一口飲めば、なんとも言わんね、いい気持ちら。

「はっこて、ばかうんめお!(冷たくて、とてもうまい!)』

ごくごく、ごくごく、と、むちゅんなって(夢中になって)飲んでいっと、ふしぎ不思議。身体中に力が、ぅえーてきて(湧いてきて)、曲がった腰がしゃっきり伸びて。

あっという間に、元気な若者になったいや!

水に映った顔を見たおじいさんは、はよ、おばあさんに見せとなって。山道をひょんひょん飛ぶように走って帰ったこて。

 

「おーい、ばさ、どこら?  今、帰ったてばー。」

「おや、今日はまた、はーいえ(早い)お帰りらねっか。ああ?  じさらか?!」

迎えに出たおばあさんは、たんまげたこてえ。わーけ頃のおじいさんがそこに立っているのらもん、ちゃんと足生やして。

「じさ、どうして?  どうしたのら?!」

「なぁに、山で泉を見つけて飲んだらなあ……。」

 

おじいさんの黒い髪、目尻の他にしわのねぇ顔。おばあさんは信じらんねて、くらくらしそうらったれも、この大事に倒れてる場合じゃねかったこてや。

「どこ?  どこら?  その泉は!」

おばあさんは、おじいさんの腕にかじりついて聞いたこて。

日焼けして張りのある、たくまっしいおじいさんの腕。それに比べて、シミだらけのたるんだ腕、そしてシワだらけの指が、嫌でも目にへってくる。

「はよ、はよ教えれね!  わっしも行って飲んで来るすけに!」

もう、くーれなるすけに明日にしれてば、という、おじいさんの声に、じりじりと眠れぬ夜を過ごして、次の日。

おばあさんは、ささーっと朝飯を済ますと、まだ霧のかかる山へ出掛けたこて。

「待ってれね、じさ。 わーけ(若い)娘になって戻って来るすけに。待っていれね。」

 

息を切らしながら、おじいさんに教わった道をえんでいくと、

  こぽ   こぽ……  こぽ   こぽ…‥

鳥のさえずりに混じって、涼ーしげな泉の湧き出る音が聞こえてきた。

「ああ、ここら、ここら。あったてば。」

おばあさんは嬉ーしなって、目尻を下げて、腕まくり。

「よしよし、いただきますいね。」

ごくごく、水を飲んだこて。ごくごく、夢中になって飲んだこて。

わーけなりて。わーけなりて。シワのねかったあの頃みとに。

曲がった腰がしゃんとしてきたのはわかったれも。もうちっと、もうちっとばか、桃みとなほっぺたらった、あの娘の頃に。

おばあさんは本当に、きれいらった娘ん頃に戻りてかったのら。

 

 

陽は傾き始めたけど、おばあさんは帰ってこね。

「道に迷たのらろか?  そっとも、ケガでもして、えーばんね(歩けない)か。」

おじいさんはしんぺぇ(心配)になって、おばあさんを探しに行ったこて。

 

「おーい。」      

おーい。

「ばぁさやー。」    

 ばぁさやー。

「どこらー。」  

  どこらー。   らー。

 

どこにいんのらてば。呼んでも、呼んでも、けってくんのは、やまびこばっから。

 

そうして、あの泉の近くにやってきたこて。

すっと、聞こえてくんのは、赤ん坊の声ら。

涼し水の音どころか、赤ん坊の声が響いているねっか。

「はて、こんがの山ん中に、どうして赤児がいるてば。旅の母子が迷たのらろか。」

岩の陰をそうっと覗いたおじいさんは、

「あっ!」

と、たんまげたこてえ。

赤ん坊がひとりぼっちで、しかも、見覚えのある着物にくるまって泣いているのらもん。

 

おじいさんは赤ん坊のそばに寄ると、へなへなと力が抜けて、膝をついたまんま動かんねなってしもた。

 

「なにしてんのら、ばさや…。飲み過ぎらこてや……。」

 

もう、日が暮れる。

どうすんのら、どうしたらいいのら。

とにかく、おじいさんは大事に赤ん坊を抱いて、山道を下りたこて。

 

乳呑子のいる家はどこら。そこの家の母ちゃんに乳をわけてもらえねろか。

山羊のいる家はどこら。山羊の乳をわけてもらえねろか。

お粥?重湯?でいいのらろか。古着を裂いてしめを作らんばら。

 

どうすんのら、どうすんのらたって、へえ、どうにもならね。

 

まいんち、まいんち、しめ替えて、お粥食わせて。背中におぶうて、洗濯したら、次は畑しごとら。

若者になったおじいさんは、ばか忙しなっとお。

そして、

「♪ばさ、ばさ、飲み過ぎら!」

「♪欲張りばさが、飲み過ぎら!」

そう、うとうて(歌って)、土にクワを振り入れるたび。赤ん坊は、きゃっきゃ、きゃっきゃ、と喜んでいたのらってさあ。

 

〔元祖イクメン? 〕

 

原作   みんなでよもう!日本の昔話ー4『わかがえりの みず』

文:間所ひさこ    絵:若菜  珪

発行所:株式会社チャイルド本社

 

 

 

新潟 名水の郷 津南の天然水 550ml×24本入

新潟 名水の郷 津南の天然水 550ml×24本入